お金がないけど、犬を飼いたいな!って思っていませんか?



残念ながら、犬を飼うのってお金がかかります。


この記事では、犬を飼う際の飼育費用の概算と、できる限りお金がかからずに飼う方法を検討しています。


この記事を読むメリットは、犬を飼う際の経済的負担を把握して、犬を飼う際の心の準備ができます。




結論いうと、年間で20万円から30万円くらいは概算でかかってきますよ。


では、細かく見ていきましょうね。


購入費用は最低で0円でいける



ペットショップで、犬を買ったら大体10万円から20万円します。


ただ、お金がないあなたにオススメなのは、保健所や、犬の里親探しのNPOへ行ってタダで犬をもらうことです。

しかし、タダでもらえるって言っても、犬をちゃんと飼って育てることができる環境なのか?っていうのを結構厳しく見られます。


つまり、欲しいです!って言った後に、NPOなどからの面接があるんですね。

犬のご飯代(平均で年間5万円)・安くはできるけどオススメはしない・・・


犬のご飯代が結構、節約できる部分ですね。



ただ、激安フードなど2キロで1000円などのものは、オススメしません。



と言いますのも


  • 犬がアレルギーになる

  • 犬の毛の艶がだんだん無くなってくる

  • 添加物がたっぷりで身体に悪い

  • 犬が病気になりやすく、結果的に医療費がたくさんかかる

  • って感じです。



    なので、犬のご飯代はケチらずに、そこそこ質にこだわったご飯を食べさせましょうね。


    >>>例えば、こちらとかオススメです


    医療費は最低で年間3万円かかる



    犬を飼う上で、絶対かかる医療費というのがあります。

  • ワクチン代年間1万円

  • 狂犬病の注射で3000円

  • フィラリアの薬で年間20000円


  • って感じです。


    その他、もし病弱なわんちゃんだった場合、病院代が結構かかります。


    できる限り、体が丈夫そうなわんちゃんをもらってくるのは結構大事なポイントですね。


    しかも、犬の場合人間のように健康保険が効きませんので、全額自己負担で、1回3万円とかそんな感じです。


    結構痛い出費じゃないでしょうか??


    ケージや飼育費用の代金は平均で年間3万円



    犬を最初に飼った時に、ケージを飼ったり、おもちゃを飼ったり、ペットシートを飼ったりなど。



    いろんな準備費用が必要です。


    ケージが結構して、1万円から2万円くらいしますね。


    そのほかの雑費が1万円くらいですね。

    この飼育費用も、メルカリやジモティーを利用して、ほぼタダで譲ってもらうなどでなんとか費用を抑えれますね。