最近、犬を飼い始めようと思っていませんか??



犬飼うのって、お金がかかるらしいけど、なるべくお金がかからない犬を飼ってみたい・・・。


ということで、この記事では、お金がかかる犬ってどんな犬?っていうことに関して書いています。


この記事を読むことで、犬を飼う際に悩む経済的なことを事前に検討できます。


ちなみに、結論をいうと

大型犬がお金がかかりますね。


では、詳しく見ていきましょうね。

大型犬が圧倒的にお金がかかる理由



大型犬は、お金がかかります。

例えば、ゴールデンレトリバーなどの大型犬ですね。



大型犬が、お金がかかる理由は何か??


それは、カラダが大きくてよく食べるので、食費がかかるからですね。


大型犬は、チワワなどの小型犬に比べて、大体2倍から3倍くらい、ドックフードなどのご飯を消費します。


では、例えば月にどれくらい費用がかかるのか??



小型犬で月あたり1000円から4000円くらい。


大型犬で、月あたり2000円から8000円くらい。



こんな感じで、結構犬のご飯代金って、幅があるんです。

と言いますのも、激安フードをあげると2000円。


そこそこ質にこだわったご飯をあげると。月に8000円かかります。


ただ、激安フードをあげるのはやめてくださいね。


なぜなら

  • 添加物が多い

  • 犬のフンの匂いがおかしくなる

  • 犬が長生きしなくなる

  • 毛の艶がなくなる

  • アレルギーになる

  • からです。

    ですので、ある程度質にこだわった食事を、犬にあげてくださいね。

    食事にこだわっていただくと


  • 犬が元気になります。

  • 犬が病気になりにくくなって、医療費が浮きます

  • 毛の艶がよくなる

  • 犬のアレルギーがなくなる。

  • って感じです。


    ちなみに、私がオススメしている犬のオススメご飯は・・・・。


    >>>こちらがオススメです


    医療費が結構かかる場合がある・体質によるのでケースバイケース



    それと、犬を飼っていくと途中で病気になったり、毎年絶対打たないといけないワクチン代が発生したりします。



    医療費は、大型犬や小型犬関係なく、その犬のカラダが丈夫かどうか?によりますね。


    絶対に毎年かかる医療費とは??


  • ワクチン代1年に1回1万円

  • 狂犬病の注射1年に1回で3000円

  • フィラリアの薬で年に2万円くらい。

  • 大体3万円は絶対にかかります。


    その他、病弱な犬だったりすると、ちょこちょこ医療費がかかってきますね。