今度、犬を買い始めようと思っていませんか??


犬を飼った時、気になるのは、経済的なこと、つまりランニングコストです。


この記事では、犬を飼った場合の年間の医療費がいくらか?を検討しています。


この記事を読むメリットは、これからかかるランニングコストを把握して、本当に犬を飼って大丈夫なのか?を考えるきっかけになります。


年間にかかる医療費は、結論をいうと


年間で3万円は固定でかかります。加えて、いきなりの病気や診察で10万円くらいの出費がかかります。



ですので、大体15万円くらいは、かかりそう!って思っておくと安心です。


かかる固定の医療の内訳は??


  • ワクチン接種が1年に1回で、費用は1万円(飼い始めた一年目は年に3回)。

  • 狂犬病の予防接種、年に1回で3000円

  • フィラリアの薬、年間1万円から2万円。

  • これらの費用は、犬を飼っているなら義務ですので、必ずかかってくるものです。

    いきなりの病気や、診察って例えば??


  • 毎年健康診断を受けさせると、一回7000円くらい。

  • 発情期を向かえて、犬が凶暴にならないように去勢手術や不妊手術すると3万円など。

  • その他、色々な不慮のトラブルなどがありますね。


    動物は、人間みたいな健康保険がありませんから、全て自腹ですので・・・とほほ。